現代人の救世主あらわる|深刻な野菜不足は青汁を飲んで解決する

男性

いろいろな材料とその効果

飲料

野菜の一日に必要な量を生野菜の量で見るとびっくりされる方も多いのではないでしょうか。同じ量を取ろうと思っても到底取れる量ではありません。いろんな野菜の栄養素を手軽にとれるように青汁はできています。独自の製法で粉末状にしているものや、持ち運びしやすいように錠剤タイプなど多様です。青汁ブームもありいろいろな青汁が出てきています。苦くて飲みにくいイメージも昔はありましたが、味にこだわり毎日続けて飲むことができるように抹茶や緑茶入りのおいしい青汁もあります。味や効果は原材料によってもさまざまです。

よく使われている材料は、ケール、大麦若葉、くまざさ、明日葉など有名です。ケールはアブラナ科の野菜でその栄養価はキャベツやブロッコリーとは比較にならないほど豊富で「スーパー野菜」ともいわれるほどです。独特の苦味があるためブレンドして使われていることが多いです。大麦若葉は、最近有名になってきた青汁の原材料で味にクセがなく飲みやすいため、青汁に慣れてない方や小さなお子様に飲みやすいでしょう。食物繊維が豊富なため、血糖値を気にする方にとくにおすすめです。明日葉は日本原産の野菜です。強い生命力を持っており、昔は不老長寿の薬としても使われていたほどです。明日葉の青汁は栄養価も高く免疫力を高める効果があります。他にもヨモギや長命草、クロレラなどをブレンドしていたりとその種類はとても多くあります。どの効果が自分とって向いているか調べて吟味してみると良いでしょう。